仕立てはメーカー縫製、自社縫製?

オーダーカーテンを購入する際、生地のメーカーは気にされても縫製加工の事は
結構皆さん気にされない様です。
でもココが肝心なんですよね。
良く聞く「何%引き」って何でしょうか?
大抵はこれ生地メーカーさんの仕立て(縫製込み)定価表からの割引率です。
ではこの縫製代込み価格表とはどういった構造になっているのでしょう。
これはまず、生地代+メーカー純正縫製加工費=オーダーカーテンの仕上り って事です。
なのにこのメーカー価格表より何%引きと記載してあっても自社縫製で販売しているショップも多く存在します。
これは生地代+ショップ自社縫製代=オーダーカーテンの仕上りです。
??それってなんか違うような・・・気がします。
メーカーさんと同じ縫製費を取るって事ですよね。
であればメーカーさんの熟知した生地に最適の縫製加工の方が安心ではないでしょうか。
また当然ですがショップの保証よりも大手メーカーさんの縫製保証の方が安心ではないでしょうか。
そこが縫製の落とし穴でもありますね。
当然ですがメーカーさんの縫製費よりもショップ提携先の縫製費の方が安価に決まっています。
ですから当然ショップはメーカーへ縫製依頼するよりも自前の縫製の方が儲かるんです。
(まぁそこが生地縫製のうまみでもありますが)
ハウスメーカーやマンションのオプション会で購入し引き渡し前に設置されると一般の方では
どこの縫製かは分からないかもしれません。
ですが入居後やネット通販で購入するとカーテンが梱包されている箱で分かりますからね。
当然メーカーさんの純正縫製であればメーカーさんの名前の入っている箱で届くからです。

メーカー縫製のメリット

メーカー縫製は良い事が沢山あります。
まず、そのメーカー生地の特性を良く熟知しています。
無地の生地以外は柄のリピートといって一定の大きさで柄の感覚がリピートされています。
そのリピート率を考慮して縫製を行っています。(適正に柄が入ります)
また生地の質により縫い方(本縫い・すくい縫い)を変えています。
レース生地に多い裾の加工ですがウエイトテープ巻きロックなんかは色の準備も多く
また仕上りも綺麗です。
特にですがフィスバなど海外のメーカーさんは独自の縫製スタイルを持っている為
ショールームと同じ仕上りを望むのであれば当然メーカーさんの純正縫製が好ましいですね。
(当運営会社は全てメーカーさんの純正縫製で販売しております)