スッキリ収まるモダンな人気ブラインド

オーダーカーテンも適材適所で選んでみましょう。
注文住宅や分譲マンションなど規格外の大きな窓はブラインドやシェードもカッコイイですよね。
同一部屋内で共生地を使いカーテンスタイルとシェードスタイルで分けてもお洒落になります。
低層階や戸建などでは近隣からプライバシーを守らなくてはなりません。
そんな時ブラインドやシェードは大いに役立ちます。(もちろんデザインも維持したままです)
例えばハンターダグラスのようなファブリックを使った多彩なシェードはシャープモダン系だけでなく
柔かなイメージもありますので横型のシルエットシェードや縦型のルミネットシェードで仕上るのも一つだと思います。
またハンターダグラスのシェードはプライバシーに優れており都市型のシェードとも言えるでしょう。

ブラインドメーカーは国内以外にも海外メーカーもあります。

価格帯から言って安価なのは勿論国内メーカーさんですね、ニチベイ・トーソー・タチカワが国内の3大メーカーです。
国内メーカーの特徴はメカの品質と製作精度、そしてアフターサービスにあります。
当然と言えば当然ですが日本市場に合わせたメーカーさんですので日本人には合っていると思います。
では海外メーカーに負けている所って・・・やっぱりデザインとファブリックの質感です。(色彩もですね)
日本人は比較的淡い色を好みますしファブリックも安定した生地が好きなんです。
良いも悪いもココがメリットとデメリットなんです。
逆に海外メーカーさんはデザインや質感に優れていますがそれ以外は日本国内メーカーさんに劣ってしまいます。
メカや製作精度など、ちょっと不安や懸念が多かったりクレームの対応も日本のメーカーさんみたいに
簡単ではありません。(アフター基準も母国(本社)の基準になる為です)

ウッドブラインドも奥が深いです。

ウッドブラインドの多くは木目を活かした色をお選びになると思いますが実はこの木質に拘るユーザーも少なくありません。
前項でも書かせて頂いた通り日本の基準って非常に厳しく精度にウエイトを置いておりデザインや質感は
ちょっと海外のメーカーより劣っています。
このウッドブラインドも例外ではありません。(価格重視なら絶対国内のメーカー品です)
例えばアメリカのメーカーですがナニックのウッドブラインド。
このメーカーさんのスラット(羽)は大変良くできており羽は1枚の無垢材からできており特に懸念される反りにも
強く厳選されたり(木目も)塗装にも拘りがあります。
詳しくは下部のリンクより「ナニック」をご覧下さい。